home > 推進工法 > セーフティークライマー工法

リモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法

NETIS 登録番号 CG-070003-V

建設機械作業時の労働災害は、平成15年度から平成17年度の3年間に亘り1979件にも及んでいます。(下記参照)
これは他業種の労働災害と比較し圧倒的に多い数字となっております。
今日では、安全パトロールの実施やKY活動の充実など、労働災害をゼロにする活動が盛んになっております。しかしながら、 効果が見られないのが現実のようです。これを踏まえて労働災害の撲滅を目指し開発されたのが、『セーフティークライマー工法』です。

中央労働災害防止協議会統計による建設機械作業時の死傷災害発生状況
(労働者死傷病報告による)
中央労働災害防止協議会統計による建設機械作業時の死傷災害発生状況

セーフティークライマー工法の特徴

  1. セーフティークライマー工法は、遠隔操作なので安全です。
  2. オペレーターは、離れたところから遠隔操作するため安全です。

  3. セーフティークライマー工法は、機体をワイヤーで吊るので危険箇所でも安全です。
  4. 機体はワイヤーで吊っているため危険箇所も安全です。足元が崩れてもワイヤーで安心です。
    傾斜が急過ぎて、通常の掘削機械では転落災害の危険がある場合でも、セーフティクライマー工法なら、機体をワイヤーで 吊っているため安全です。

  5. セーフティークライマー工法は、設置面・経済面でも優れています。
  6. 法肩までワイヤーであがるので、搬入路や重機足場が不要です。
    予算や用地の関係でパイロット道路を設置できない場合も、セーフティークライマー工法なら安心です。

  7. セーフティークライマー工法は、労力軽減・工期短縮を期待できます。
  8. 人力掘削のボリューム過多や人材不足で工期に間に合わない場合でも、セーフティクライマー工法なら、労力の軽減・ 工期の短縮を期待できます。
    モルタル・コンクリート面の取り壊しも人力では大変ですが、セーフティクライマー工法で行えば苦になりません。

セーフティークライマー工法の施工フロー

セーフティークライマー工法 施工フロー図

セーフティークライマー工法の標準設置図

セーフティークライマー工法 標準設置図

セーフティークライマー工法 施工イメージ

セーフティークライマー工法 土砂掘削作業

土砂掘削作業

セーフティークライマー工法 土砂掘削作業

土砂掘削作業

セーフティークライマー工法 岩掘削作業

岩掘削作業

セーフティークライマー工法 除根作業

除根作業

セーフティークライマー工法 ケンファイターKF-1

セーフティークライマー工法 ケンファイターKF-1

ケンファイターKF-1は、セーフティークライマー工法で使用するリモコン操作式掘削機械で、使用の際はワイヤーで機体を吊り、 オペレーターはプロポ(送信機)にて遠隔操作するため、急傾斜でも安全に工事を行うことができる掘削機械です。

仕様
総  重  量 5650 Kg
パケット容量 0.14m³
エンジン S4L2ーE2
定格出力 36.1PS
回 転 数 2500rpm
全  高 2910mm
全  幅 2190mm
最大掘削高さ 5975mm
最大掘削深さ 3115mm
最大掘削半径 5775mm
輸送姿勢全長 5015mm

推進工法・取扱製品の詳細について

お問い合わせ